不登校になったら

わが子が学校に行かなくなったら、どこの親でも慌てるのではないでしょうか。
とにかく何とかして学校に行かせようと思うのではないでしょうか。
しかし、学校に行かなくなるには当然、それなりの理由があります。
その理由を理解して、解決してあげないと学校に行けるようにはならないでしょう。

子どもが不登校になると、何が何でも学校に行かせなくてはと思って、無理やり学校に行かせようとする親がいます。
これは不登校の子どもにしてはいけないことです。
小学校低学年の子どもであれば、力ずくで学校に行かせることもできるかもしれませんが、不登校になった原因は全く解決しないので、一時的に学校に行くようになっても、その後、もっとひどい状態の不登校になる可能性があります。

不登校を解決するのに一番大切なことは、子どもの話をよく聞いてやって、子どもの心に親が寄り添ってあげるということです。
普段、子どもの話をちゃんと聞いていると思っていても、子どもの心の中の感情にまで触れていない人は意外と多いものです。
また、子どもの人格を人として尊重することも大切です。
頭ごなしにしかりつけたり、意見を全く聞かずに一方的に怒るといったことをしていると、子どもは上手く自立できなくなります。

ここでは不登校の原因や子どもの気持ち、親ができることなどについて考えていきたいと思います。
子どもが不登校になると、親は頭を痛めると思いますが、一番辛いのは子ども自身なのだということをしっかり理解する必要があります。



《SPECIAL LINK》
子供の不登校や引きこもりといった悩みを解決する方法を紹介しているサイトです === 不登校 悩み

Copyright © 2014 不登校を解消! All Rights Reserved.